業務用エアコン販売・修理・メンテ・入替|業務用エアコンを形から選ぶ
業務用エアコン販売・修理・メンテ・入替|業務用エアコンを設置場所から選ぶ
業務用エアコン販売・修理・メンテ・入替|業務用エアコンをメーカーから選ぶ
業務用エアコン販売・修理・メンテ・入替|オリオン精密空調・日立業務用除湿乾燥機・オリオンジェットヒーター
業務用エアコン販売・修理・メンテ・入替|業務用エアコン見積・修理・メンテナンス依頼・24時間受付
エアコンプロ > エアコンPRO 便利ツール >HCFC(R22冷媒等)の全廃期限のお知らせ
 

HCFC(R22冷媒など)の国内生産削減・全廃のお知らせ


オゾン層破壊物質であるHCFC類は2010〜2014年の年間生産枠に対し、以下の通り削減されます。

 

6割削減(生産枠4割へ)    2015年1月1日から
 

生産ゼロ化                   2020年1月1日から
 

 
 

国内消費量規制スケージュール

 基準年:1989年実績 消費量:生産量+輸入量+輸出量
 

 

●環境保護対策のため、古い業務用エアコンに使用されていたHCFC(R22冷媒等)の削減・全廃が

1987年のモントリオール議定書にて決められ、2015年に実質全廃、2020年には完全撤廃※1となります。


●国内の冷凍空調機器メーカーはすでにR22対応製品から代替冷媒製品の生産・販売へ移行ずみです。

●経済産業省・環境省は改正フロン法※2に基づくフロン類再生業の準備に着手しています。

(再生量は該当するフロン類の廃棄量などに制約されます。)


 

※1 モントリオール議定書では、2020年時点で現存する冷凍空調機器への補充用途のHCFCに限り2029年末まで生産を認める特例が存在します。ただし、通商産業省化学品審議会オゾン層保護対策部会中間報告(平成8年3月14日)においては、上記の補充用途も含めて、2020年のHCFC生産・消費量の削減・全廃を目標とすることとされています。

 

※2フロン類の使用の合理化および管理の適正化に関する法律(平成25年6月12日公布法律第39号)。 なお、再生されるフロン類はモントリオール議定書の削減・全廃の対象となりませんが、再生量はフロン類の廃棄量と回収率、再生設備などに制約されます。




 
知っておきたい業務用エアコン

業務用エアコンに利用されている冷媒は、
熱効率性能や環境負荷などあらゆる側面から
見直し・改良が行われています。

 


 

10年以上前の業務用エアコンを利用されている方

今後、機能や性能・電気代・修理対応など様々な面で
リスクが高まってきます。

 

HCFC(R22冷媒等)の入手困難・価格の高騰、修理費用の高額化や期間の長期化など、メンテナンスや故障の際に、時間やコストがかかる・・・!といった事態が起こる可能性があります。

業務用エアコン|R22フロンガス全廃 10年以上前のエアコン入替
  

エアコンプロ > エアコンPRO 便利ツール >HCFC(R22冷媒等)の全廃期限のお知らせ

 

ページトップへ